お金に対するイメージは、とにかく何でも買えるというところです。

お金があれば家も車も買えます。

美味しい食材も買えますし、良いホテルにも泊まれます。

男性と楽しくデートもできますし、クルージングなどで楽しくデートすることもできます。

良い電子レンジは買えますし、良いクーラーも買うことができます。

化粧品もワンランク上のものが買えますし、ドレスも魅力的なブランドの高いものが買えるわけです。

お金に対するイメージは、とにかくあれば良いにこしたことはありません。

あればあるだけ人生が潤います。

人としても潤い、地位も上がると思います。人からは一目おかれる存在となります。

人が多く寄ってきては羨望の眼差しで見られそうです。

お金があるから人としての価値が上がり、認められるような感じがするのです。

それが男性だったら、より地位も上がると思います。

Comments Off

リーマン・ショックの頃、子どもは高校生でした。私立の高校に通っていて、しかも、下宿させていました。いなかに住んでいるので、家から通える高校というのは限られていたのでした。そんなことから、子どもにかかる費用は大きくふくれあがっていました。そして、いつの間にか貯金を崩すような生活となっていました。

そして、ふと気がついたら、貯金というものはほとんどありませんでした。しかし、リーマン・ショックのあおりを受けて、夫の収入は激減していました。子どもの高校の授業料などの支払いを考えると、もうお金がないのでお金を借りるしかないとも思ってしまいました。しかし、夫にもなかなか言い出せませんでした。

そんな時に、若い頃から加入していたがん保険のことを思いましました。そして、保険会社に電話してみました。すると、解約返戻金は27万円ほどになるといわれました。それを聞いた時、その保険を解約すれば、なんとかなると思ったのでした。そして、それを解約したのでした。お金を借りたいという気持ちにまでなったのですが、保険の解約返戻金のおかげで、借りずにすんだのでした。

Comments Off

専業主婦の場合は、家計を任されている事が多いです。その為、今月は足りないでは済まない緊迫感があるのです。急な出費を見通してしっかりと日頃から貯金をしていかなければならないのですが、生活していると中々思うように貯金は出来ません。

特に注意が必要な事は、大きな買い物をした後です。例えば、車の購入や電化製品の購入です。大体、よい品は高い訳ですから、あらかじめ予算を設けていても、少しのオーバーでよりよい品を購入できるとなれば、無理しても購入してしまいます。どこかで節約すれば何とかなると思ってしまうのが、落とし穴です。何とかならないと思って間違いありません。また最近の買い物はクレジットカードで支払いを済ませる事が出来ます。きちんとその都度把握していればよいのですが、どうしてもどんぶり勘定になってしまいます。

気が付いたら、カードの支払いが高額になっていると言う事もよくあります。一度崩れてしまった家計を立て直すのは至難の業です。それでも生活は続けていかなければなりません。主婦でも作る事が出来るクレジットカードや、主婦でも借りれるアコムなどのカードローンなどがあります。過去に返済が滞った経験がない場合は、すぐに利用出来ます。限度額も意外に大きいです。どうしても必要な時に利用するので、あまり金融会社など気にしないで手を出しやすいです。本当は返済が可能かどうかを慎重に検討してから利用しなければなりませんが、意外と大事な部分は見ないような気がします。

Comments Off

訳あって、3月いっぱいで会社を早期リタイアしました。

今後アルバイトなどをするつもりはなく、完全なるフル・リタイアです。
現在54歳なので、公的年金が貰えるまでにまだ年数がありますが、そこそこの蓄えはあるので、一応それまでの生活の目途は立っています。
しかし、結構ギリギリのラインで余り余裕はなく、贅沢は禁物の状況です。

元々のプランでは、公的年金が貰えるまでの期間も、それなりに余裕のある生活が出来る予定でした。
ところが、65歳以降の事を考えて資産運用しているのですが、少々そちらに資金をつぎ込み過ぎてしまい、肝心の現時点での生活に余裕がなくなってしまいました。
自らの考えでそうなったというよりも、プロの保険プランナーに相談したところ強く老後の資産運用を勧められ、断りにくい状況になってしまったのです。

そのような訳で、今後どのように節約して生活するか色々考えているのですが、場合によっては加入している金融商品の貸付制度を利用する事になるかもしれません。
しかし、借りたものは当然返さなければならないので、悩ましい問題です。

Comments Off
26
3月

今まで、印刷会社や運送会社などで、夜勤を経験したことがありますが、夜勤でつらいのは、当たり前ですが昼と夜の生活が逆転することだと思います。

多くの人は昼間働いて夜に寝るという生活だと思いますが、夜勤はこれが逆転するので、慣れるまではかなりしんどい思いをすると思います。

まず、夜勤から帰って朝方寝るのですが、カーテンを閉め切っても外が明るかったり、人の話し声や生活音などで、最初のころはなかなか眠れず、寝不足気味になったことを覚えています。

あとは、とにかく昼過ぎまでは眠いので、友人達となかなかスケジュールが合わず、あまり遊びに行けませんでした。

ただ、夜勤にもいいところがあり、労働基準法で夜勤は割増賃金が定められていますので、同じ8時間や10時間働く場合でも昼働くよりも多く賃金をもらえますので、この点は夜勤の一番の魅力だと思います。

今は、コンビニなど深夜でも開店している店がありますので、夜勤でも不自由なことは少なくなってきたと思いますので、自分に合った働き方をするのが一番だと思います。

Comments Off

私は6年前に結婚しましたが、手持ちの資金は100万円にも満たない、大変きびしいものでした。そんな中、夫になる相手の義理の祖父母から、200万円の資金提供がありました。これはほんとうにありがたかったです。夫の両親も、30万円くらい出してくれました。

うちは母一人で、年金暮らしなので、九州から千葉に出てくる旅費などを自分で出してもらう程度で、ほとんど資金はもらわなかったです。

特に結婚式費用のローン(http://wedding.photo-mix.jp/)などせずに、式を終えることができたのでホッとしましたね。

ここまで書いてくると、夫の家がまあまあのお金持ちだったから結婚することができたといえます。

まあ、結婚式もこじんまりしたホテルで開いたので、総額100万円以内でおさまりました。もちろんこの費用におさえるために、招待する人も親戚と親しい友人のみにしましたし、主人の会社からは社長のみの出席でしたし、それなりに我慢するところは我慢しましたね。

新婚旅行も京都めぐりなどで、かなり費用をおさえました。まあ、結婚もがんばれば何とかなるものです。

Comments Off

50万円という比較的大金が日常生活の中で、いきなり必要になる場面はあまりないです。
例えば、車を買うといったときは、通常前々からそのために用意しています。
個人的に、ここ数年で50万円以上のお金を一括で支払う必要が生じたのは、入院した時でした。
色々な事情があって、個室で治療する必要があり、約2か月間、個室に入院してました。
一日当たりの差額ベット代が一万円でした。

入院の最中に、何度も何度も、差額ベット代のことを考えて憂鬱になりました。
大部屋に移りたいけど、個室が必要でした。
結局、退院時に、差額ベット代だけで、50万円以上払いました。
そのお金ですが、普段から貯金していたので、特に困らず払えましたが、
仮に貯金がなかったら、どうしていたか。
親族から借り入れるか、消費者金融にでも頼ったでしょうか?

時として、50万円単位のお金が必要になることは人生の中で訪れるので、日ごろから貯金だけはしっかりしておいた方が
いいと思います。貯金は裏切りません。現金は、力です。

Comments Off

今お金が必要で困った過去のエピソード。。。それは・・・

私の彼女が多くの人から借金をしている事が発覚して、借金の期限が明日までという連絡を彼女が私に行ったのです。

私は、彼女が借金をしている連絡を受けたのは、給料日の前だったのでどうしてもお金が工面できませんでした。彼女が返さなければならない借金の額は数万円でしたが、明日までの借金の肩代わりのためにどうしてもお金を明日までに工面するための行動を行いました。

私は現在は借金をしていないが、以前に借金をしたことのある消費者金融の会社にすぐに借金の申し入れをして、数万円だけお金を借りる事で何とか彼女の借金の肩代わりをする事ができたのです。

消費者金融の会社はすぐにお金を出してくれたので、彼女の借金の肩代わりに対して助かりました。後日に給料が入って、すぐに消費者金融に借りたお金を返しに行きました。幸いにも消費者金融の会社が行っている無金利のキャンペーン中であったので、金利なしで借りた分のお金を返すことができました。

Comments Off

月に最低限度必要な金額というのは大体決まっています。収入もサラリーマンなら毎月大体決まっています。その中でやりくりするのが通常の生活ですが、突然リストラを言い渡されたら、いや、一月分の給料前払いで解雇されたら、次の就職先が決まらない限りお金に窮することは目に見えています。

私の場合月に必要な最低限度の金額が十万円になります。家賃、光熱費、通信費、保険料合わせて五万五千円。食費三万円。小遣いを含む雑費が一万五千円。合わせて十万円です。

貯金もなくもし急に収入が途絶えたとしたら、どこからそのお金を調達してくるか。社会的セーフティーネットを利用するという方法もありますが、同時に個人的なセーフティネットも活用するでしょう。といってもあまり選択肢はありません。

その壱、親に泣き付いて十万円借りる。その弐クレジットカードのキャッシングを利用する。

その二つくらいしか十万円を用立てる手段がありません。十万円で一月生きられるわけですが、その間に就職活動して生活を立て直す努力をするでしょう。月十三万円位なら職業を選ばなければなんとかなると思います。

私の場合、生きていくだけならなんとかなる金額が月十万円です。

Comments Off

私には好きな人がいました。結婚しても付き合っている人がいたのです。それは初恋の彼でした。
彼とは高校の同窓会で再会してからというもの、30歳からお互いに連絡をするようになりました。

私が朝会社に行く前に携帯から毎朝電話をしていました。彼の声を1分でも聞けることが毎日嬉しかったです。私は彼と月に2度ほど会っていました。

会社に行くと言いながら、会社を休んでたまに一緒にホットヨガスタジオに通ったりしてました。
その時は私はコンビニで2人分の食べ物と飲み物を買って帰りました。
その時はいつも自転車で地下鉄の駅まで行ってスタジオに行っていました。

LAVA 口コミ・・・LAVAはホットヨガスタジオで、ダイエットのために超人気のエクササイズができます。

LAVAはとても人気のヨガスタジオなんですよ。二人でヨガするのは本当に楽しいです。

いつも同じ所に、自転車を止めていました。自転車は沢山止められていたので、なくならないだろうと思っていました。

でもある日、いつものように彼のマンションに行って2時間ほど過ごして、帰ろうとしてその地下鉄の駅の自転車を止めたはずのところに、私の自転車だけなくなっていたのです。

私はうちに帰るのに困ってしまいました。自転車は1台しか持っていなかったので、翌日仕事に行くのに困ると思いました。その日に自転車を買おうと思いましたが、財布には自転車を買えるだけのお金はありませんでした。

Comments Off